« デザイン審査のお願い | トップページ | 伝統的な鰹節 »

2005/05/24

小学校のセキュリティ

今日、二次審査のお願いをしに和田小学校と和田中学校に行ってまいりました。

どちらの学校も好意的に対応していただき、皆さん真剣に投票してくれました。
ありがとうございました。

ここで初めて学校の中に通じる門が全て閉められている現状を目の当たりにしました。
昨今全国的に嘆かわしい事件が頻発しているからであることは容易に推測できたのであるが、聞いた話によると集団で下校しているらしいじゃないですか。ちょっとショックでした。

自分達が小学生だった頃には放課後、身も知らぬ大人(高校生ぐらいだったかも・・)がグランドに入ってきて、よく一緒に遊んだような記憶があります。(先生からは遊んではいけないと止められていたような気もしますが・・・)私は子供がいないので実際はどうかよく分かりませんが、子供達の放課後の行動も昔に比べて自由度が失われているのではないかと心配しております。

これからの世の中、自分のことは自分で守らなければいけないことを教えるのは最も必要なことであるかもしれませんが、ほんの一握りの非社会的人間のために、人を信用し人と触れ合う機会を奪われてしまうことは非常に残念に思います。

先日イタリアに行った時のことを思い出すと、外から学校の中が見えないように高い城壁のようなもので囲まれていて出入り口もしっかりと閉められていました。日本の学校以上に不審者は侵入し辛い構造のように見えました。

これから何年か先には日本もイタリアのように、もっともっと厳重なセキュリティが必要になってくるのでしょうか。そしてその子供達が大人になる頃にはどんな世の中になっているのでしょうか。

|

« デザイン審査のお願い | トップページ | 伝統的な鰹節 »

コメント

こんにちは!はじめてカキコしますv

なんだか嫌な世の中になりましたね;;;
うちのチビの幼稚園も、去年までは裏口が開いていて
家からは正面玄関にまわるとすごく遠回りなので
その裏口からはいっていたんです、
でも今学期からすべての裏口が閉められてしまって
表に回るようになりました・・・

面倒だけど、子供の安全のためならしかたないですよね・・・

投稿: りなぽん | 2005/05/24 19:57

小学校の時は 本気で口裂き女がいると信じてました。こんな私も・・・そんな時代の方が幸せだったかも

投稿: N会長 | 2005/05/25 00:04

うちの子どもは和田小学校へ通っています
ですが、まだセキュリティあまいなぁって思いますよ
うちの子たちが通っていた幼稚園は
正門と裏門にそれぞれモニター付きのインターフォンと、職員室から鍵の開け閉めができる門があって
職員が来客の顔を見てからでないと鍵が開かないシステムでした。
何かと物騒な世の中です、時代といえば時代なのでしょうが
自分の子どもにココセコムを持たせたり防犯ブザーを持たせなければならなというのはなんだか落ち着きません。

投稿: きょう | 2005/05/25 08:22

りなぽんさん、ようこそ!
初カキコありがとうございます。
子供の安全確保がされていないと安心して幼稚園や学校に行かせられないですよね。少子化の流れの中で幼稚園などは生き残りをかけてセキュリティ強化を図っていくのではないでしょうか。

N会長
口裂き女!懐かしいですねぇ。私も震え上がってました。
今、口裂け女のような噂が蔓延したらどれほどの騒ぎになるのだろう。ぞっとします。

きょうさん、ようこそ!
初カキコありがとうございます。
お子さんは和田小ですか。昨日会ったかもしれませんね。
そう言われてみればまだまだセキュリティはあまいかもしれません。一応全ての門は閉じられていても、どこからでも乗り越えられるし、一番危険なのはどこからでも中の様子が丸見えであるということ。今後も更なる対応が必要ですね。


投稿: とまとも | 2005/05/25 09:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28781/4262239

この記事へのトラックバック一覧です: 小学校のセキュリティ:

» とうとう こんなものがやって来た [High-Power-PrinterのLOVE-BEER日記]
先日の事。   朝起きると おもちゃの様な箱がテーブルに。 『朝は時間無いのに、こんなおもちゃで遊ばなくていいのに・・・』なんて思ってたのだが、ちょっと様子が違う。 家内と長男が箱から物を取り出して、真面目な顔して話してる。   よーく見たらこ... [続きを読む]

受信: 2005/05/25 14:02

« デザイン審査のお願い | トップページ | 伝統的な鰹節 »