« 魚市BASH2005 | トップページ | 済州島の写真 »

2005/06/09

全国で9位

(毎日新聞ニュース)
都市財政:健全性ランキング焼津市が全国第9位

先月末の静岡新聞朝刊1面にも掲載されたました。
評価の仕方を変えれば焼津は全国でも有数な健全な都市ということになるんですね。

「関西社会経済研究所」のHPをのぞいたら詳しい説明がUPされてました。

焼津市にはこんなコメントが・・・・

「財政状況が堅調である理由としては、
 ・市域が比較的狭く、可住面積割合・人口密度がともに高いなどによって高い行政効率
 ・これまで伝統的に人件費を抑制してきたこと
 ・地方債の発行に対して慎重な姿勢をとってきたこと
などがあげられる。」

先日、焼津市のとある部長さんにも聞いてみましたが、バブル期から継続して人員削減を図り効率的な行政を目指してきたことが、この順位として表れているのだが、交付税をもらわなければ財源が不足してしまうことは事実で、これから交付税が削減されていく見通しの中、決して財政に余裕があるわけではないとおっしゃっていました。

確かに焼津のまちはほとんどが平野で効率よさそうですね。
決して楽はできないけど、ほかのまちよりはちょっとマシといった感じでしょうか。
だからといって現状のままで良いわけでもないのですよねぇ。

目指せ1位!!人気blog

|

« 魚市BASH2005 | トップページ | 済州島の写真 »

コメント

「これいいらぁ」につられて来ました。
親戚が愛知県の静岡寄りにいまして、みんな「これいいらぁ」を連発しております。
「らぁ」がつくんですよね!
「だらぁ」もありますよね。
いつもあの辺に行くと、笑えます^^

また来ます。

投稿: キャトキン | 2005/06/09 18:33

(ノ ̄ο ̄)ノ  オオオオォォォォォォ-   
すごいですね~~~v
焼津、一度行ってみたいです♪
平野・・・羨ましい(笑)
こちらは盆地なので、夏暑く冬は雪が多いです(ノ_-)

投稿: りなぽん | 2005/06/09 19:02

焼津市の税収の中心はなんですか!
漁業、水産業はもちろんでしょうがそのほかには?
交付税をもらうことになるとしても中心があると思いますが?

投稿: つばめ@ | 2005/06/09 19:19

毎度でござる!

“焼津は狭くてごちゃごちゃしている!”なんてよく言われるがそれは今までの価値観の中でもまちづくり(広い道が碁盤の目のように走り、モータリゼーションの社会という物指しにおいては区画され効率化されたまち)においては誰もが嘆いたまちだったのかもしれない、
しかし

『財政状況が堅調である理由としては、
 ・市域が比較的狭く、可住面積割合・人口密度がともに高いなどによって高い行政効率』

↑のような視点(ものさし)では、今までの理想とされ多くの資金を投入し赤字を積み重ねた街よりも、実は大変効率的でよいまちだったりして・・・

モロッコのフェズなんて車どころか自転車すら通ることが出来ない迷路の街並み、そんな街がいまや“世界遺産”で世界から人が集まりお金が落ちる。
そしてそこにすむ人がその街を嘆くのではなく、その街に住むためのスタイル、幸福感を確立して生活している!

財政が逼迫するなかないものねだりは現実的か??
あるもの探し(狭くごみごみしたまち⇒高い行政効率のまち)の視点と、地域主権の時代、豊かさ、幸福の多様性を受け入れ焼津のそれを確立することがこれからのまちづくりの糸口になるのでは???

なんてーのは非現実的か・・・??(汗、笑)


投稿: 炎の弾丸男! | 2005/06/09 19:21

先日この記事を見た市役所OBが「民間だったら倒産状態。周りが悪すぎるだけだ」と斬っていました。
なた、『人口が集中していて効率の良いまち=災害に弱いまち』でもあります。

さて、みなさんどうしますか?

投稿: まーくん | 2005/06/10 08:05

キャトキンさん
ようこそおいでいくださいました。
このタイトルにも吸引力があったとは・・・
焼津の方言には他にも結構笑えるのがあるんですよ。
機会がありましたらまた紹介しますね。

りなぽんさん
ここに住んでいると、平地であることののありがたさ、海があることのありがたさを忘れてしまうんですよね。
逆に、山でキャンプすることにあこがれます。結局無いものねだりなんです。

つばめ@さん
一般財源の大半を占める地方税の多くは固定資産税と市民や法人からの税金によってまかなわれています。焼津には焼津港を中心として水産加工業、造船業、機械産業、建築業等の産業が発達しており、それに加えサッポロビールさん、アステラス製薬さんのような大企業の工場もあり、これらが税収の柱になっていると思われます。

投稿: とまとも | 2005/06/10 09:40

弾丸男さん
「あるもの探し」と「豊かさ、幸福の多様性」。素晴らしい。
弾丸男らしいご意見をありがとう!!
決して非現実的だとは思いません。本気で現実を直視し将来の進むべき道を探ればここに行き着くと思います。
時間がかかるかもしれませんが・・・。

まーくんさん
災害に弱いまち・・・何回か前の勉強会でもこの話がでました。整備中の昭和通も防災のために道幅を拡げざるを得なかったとの説明もありました。それこそ何を残すのか、そしてそれによって犠牲になるものをいかにカバーするかが課題でしょうね。
イタリアのフィレンツェは街並がルネッサンス時代のままでした。近代化を放棄し時代を守る道を選択したまちです。焼津も道を見出さなければいけないところにきていると思います。

投稿: とまとも | 2005/06/10 09:59

先日、市の都市計の主幹の方と話す機会があったのですが
あいかわらず市の考えとしては用途地域の変更に関し、積極的には取り組むことが出来ないと返答がありました。
ぜひ市との話し合いの中で近いうち協議事項として挙げていただきたいと思います。期待しています。

投稿: 太郎 | 2005/06/29 05:49

太郎さんこんにちは
用途地域の変更はその地域の住民の理解が必要なのでなかなか難しいのでしょうね。地域の全員に利益があることならまだしもそうでない場合は既得権を主張するでしょうからまとまる可能性は低いのでしょうか。
機会があれば勉強会のテーマとして取り上げたいと考えております。

投稿: とまとも | 2005/06/29 13:16

突然、お邪魔致します。ちょっと気になっていたブログだったのでコメント入れさせてもらいます。私には難しいことは分らないんですが、ただ,住人歴25年足らずの独り言として聞いてください。いろんな人が、焼津興しを頑張っているのにどうしてこの町に人が集まって来ないんでしょうか?人が移動して滞在して潤うという待ちの職種ために先行き不安が募る一方なんです。「焼津市のことを考える前に目の前のことだよなあ~!」と思いますが。人が人を呼び集めること、それが継続されていくことは「何かのきっかけ」からなんでしょうね。なかなか見つかりません。あっ、今私が所属させていただいているところは、商工会議所の女性会です。まだ、3年目の会員37名。その中の一人です。女性会活動は、3つの委員会に分かれています。それぞれに活動を計画し実行中。ほんの一部の活動ですが、タラソの施設完成を目途に焼津のよさが伝わるロードマップ製作中、料理に利用する深層水・深層水の海水利用をPR、みなとマラソンでの深層水給水、焼津駅前清掃、焼津新港清掃(草取)他。ただ、やっぱり悩みの種は一つ。なかなか人が集まらないんですよね。結局「自分で動くしかない!  ⇒ここを借りて云いたかった事です。10月2日(日)・午前8時~新港の清掃活動します。これ読んで下さった方、ぜひ港に来て手伝ってください。駐車場、トイレ、水道の心配はご無用です。

投稿: 港のすずめ | 2005/09/04 10:40

コメントありがとうございます。
焼津には魅力的なものがいっぱいあり、それを市民はわかっているんだけど、それを外に認知させる方法を知らないというところではないでしょうか。
やっぱり、マスコミをうまく利用しなければPRにも限度がありますよね。これは各種民間団体だけでなく、焼津市にも協力してもらい本腰入れてやらなければ市外からの集客は限度があると思います。
私は本当に微力ながら焼津をもっと外へ発信していく活動をこれからも続けていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします。
さて、10月2日の件、詳細をお教えいただけばこのブログでも紹介させていただきたいと思います。
よろしくお願いします。

投稿: とまとも | 2005/09/05 00:07

オータムフェストの準備やら、参加やらとすずめは大変に疲れてしまいまして、このブログに書きッパになっていた事に、たった今気づきました。10月2日の草取りまでもう、1週間になってしまいました。5日程前に、公園を下見に行きまして、あまりの(見事な?)草の成長に開いた口が、フサガラナクナリマシタ。今からでも間に合うようでしたら、どうぞ、お知らせくださいませ。“みんな集まれ~!”

投稿: 港のすずめ | 2005/09/26 13:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28781/4483429

この記事へのトラックバック一覧です: 全国で9位:

« 魚市BASH2005 | トップページ | 済州島の写真 »