« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »

2009/10/27

人前でお見せする程の腕前ではありませんが・・・

天真爛漫な笑顔 Part3

Image1

本日、台風一過のすがすがしい(ちょっと暑いくらいの?)天候の中、富士市に行ってまいりました。てっぺんだけくっきりと雪化粧した富士山が本当に近く見えました。

出前食育講座Part3は森島保育園です。

これまでの2回とはちょっと趣をかえて、実際にまな板を持ち込んで、本節の生切り作業の実演をしてみました。といっても実際よりもかなりミニチュアサイズの鰹でしたけど・・・。

普段は生切り作業も機械化され、工場で包丁を持つ機会はほとんどなくなっていますが、包丁持って魚をさばくのは案外好きで、時々練習したりしてるんです。その成果もあってちょっと前に鰹節組合の青年会内で行われた「鰹節道場」では、最優秀賞(会長賞)をいただきましたよ。まだまだ若い者には負けちゃいられないからね!!

Image3 とはいえ人前での初めての実演、しかもアウェイの会場となるとちょっと緊張しました。いつもより低いテーブルと、研いでいくのを忘れて切れ味の悪い包丁に苦労しながらも、大きな失敗もなく一本の鰹を無事4本の節の形に切り分けることができました。

今日は一歳児のほんとにちっちゃな児童たちもおとなしくしっかり見てくれました。毎度ながら子供たちの笑顔には本当に癒されます。Image4

帰り際に園長先生から園内で実ったという柿をお土産にいただきました。ずっしりとしたそれはそれは立派な柿の実です。Image5

この柿もきっと園児たちの元気な笑顔に癒されながら、気持ち良くすくすくと育ったのだろうと思います。

理想をいえばこの笑顔はいくつになっても失ってほしくない。失わずに暮らしていける世の中になってほしい。そんなことを心から思います。

この子供たちが今の自分くらいの年になった時には、どんな日本になっているのだろう。地球はどうなっているんだろう。

少なくとも今の世の中よりも暮らしやすい世の中にすることが、我々世代の努めであるはず。政治の世界でも、目先の票集めのための政策を論ずるばかりではなく、この辺りのバランス感覚を持った政治家がもっともっとたくさんあらわれてほしいと願っています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/10/26

2年たった今でも・・・

国文祭が始まりました。

これまで2年前から焼津市の実行委員会や、企画委員会、最近ではトロ箱カレッジ何ぞという企画にも参加し、関わってきた国文祭であるが、いざ当日を迎えると特に役割分担があるわけでもなく、のんびりと起床し、オータムフェストが行われている焼津新港へ見物に行かせていただきました。

091026_09370001 JCの現役諸君は焼津のキャラクター「やいちゃん」のPR。

やいづっこラリー参加者に配られていた特製携帯ストラップをGETしました。

091025_12200001 その裏側では、大先輩達が忙しそうに「焼津ラーメン」を作っています。最前列でまーくん先輩が必死に鰹節を削っている姿が印象的でした。私も30分列に並んでいただきましたが、あっさりスープに鰹節の削り節がたっぷりかかっていて、結構いける!!鰹節がラーメンの具として存在感を示していました。

ラーメンを並んでいるうちに、その横のステージからは・・

「♪やーいーず DA・DA・DA・DA・DA・DA・DA・DA・DA-DAもんで~♪」

という聞きなれた音楽と歌声が!

ちびっこダンサーズのかわいい踊りの後ろには、振り付けも何もなくただ手を叩いて立っているオジサンたち。この人たちこそ、07年H委員長を中心に「DAMONDE焼津」プロジェクトをすすめてくれた人たち!!(あまりにも画にならなかったので写真はありません。)

あれから2年以上たった今でも各地で活動をしてくれています。嬉しいですねぇ。

091025_12000001 鰹節組合が設営しているかつおぶし削り体験コーナーにもたくさんの人だかり!!自分で削ったかつおぶしの味は格別でしょう。みんな笑顔です。そういえば焼津水産高校のブースでもかつおぶし削り体験をやってました。先日の学校訪問時に我々青年会が贈呈した削り器と鰹節が役に立ったかな?

オータムフェストとは別に、この日はもう一つどうしても行かなければならない場所がありました。

それは藤枝市民会館で行われる青少年有志演劇「Dreams」。

07年につくりあげた演劇「ハートフル」の後を継ぎ活動を始めた「次世代創造劇場」が国民文化祭のエントリー事業として準備を進めてきた演劇「Dreams」。

「次世代創造劇場」とは、演劇を通じて青少年の健全な育成を図っていきたいという想いから、「ハートフル」でもお世話になったK田君が代表となり、地元の中学生高校生の有志を募り、演劇のワークショップや上演活動をしている団体です。立ち上げのときから私も全面的に協力させてもらっています。

091025_19140001 今回の「Dreams」は、これまでの「ハートフル」とは違った脚本でキャストもほとんど全員新しい中学生高校生。これまでの「ハートフル」出演者からの口コミで評判を聞きつけ参加してくれた子供たちがほとんどだとか。

演劇の内容も素晴らしかったけど、舞台の上での子供たちの一生懸命さに心を打たれます。達成感のあまりに終わった瞬間から舞台の上で泣き出す子供たちも・・・。この舞台までにいろいろな葛藤と戦い、たくさんの気付きがあり、友情や絆が生まれているはず。一生懸命やったからこそ感じることができる達成感でしょう。

もっと、もっとたくさんの大人たちにこの活動を知ってもらいたい。そしてもっともっとたくさんの子供たちとともに次世代創造劇場を盛り上げていきたいと強く感じました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/10/23

これも一種のブーム??

今日、季節性インフルエンザの予防接種を受けてきました。

それにしてもものすごい人数が待合室にいて、ほとんどが予防接種を受けにきた人たち。

中には、普通の診察を受けにきたのにあまりの混みように帰ってしまった人も・・・。

テレビや新聞では新型インフルエンザのワクチン接種の優先順位なんかが報道され、季節性のワクチンでさえも例年よりも注目度が高まっていることは間違いないようです。

私はこれまでインフルエンザのワクチンなど受けたことがなかったけど、今年はもうすぐ我が家にBabyがやってくるという特殊な事情により、家族に背中を押されていってまいりました。

しかし、気になるのは新型インフルエンザのワクチンがいつになったら受けられるかということ。

妊婦は医療関係者の次に優先されているが、うちの場合は接種開始までに生まれてしまうため、そのアドバンテージはあきらめざるを得ない。となると一歳未満の子供の保護者のカテゴリーとなるが、こちらは一応優先的な扱いは受けるものの、接種時期は来年1月以降?

いずれにしても徹底した予防が必要なことは間違いないようです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/10/10

秋空のもと

Image1
東静岡のグランシップにて日本商工会議所青年部関東ブロック大会に参加、出店しています。Image2

友人のてらちゃんが大物産展の責任者をしているので、私は魚河岸シャツとともに焼津の特産品鰹節を販売させていただいてます。

初めて販売した鰹スティックはめでたく完売。ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/06

天真爛漫な笑顔2

食育出前講座その2

本日の訪問先は富士市立浜保育園。

3,4,5歳児を対象にかつおぶしのお話をさせていただきました。

東名高速集中工事の影響で30分遅刻してしまったものの、先生方もお子供たちもみんな笑顔で迎えてくれました。

保育園児を前に話をするのも2回目となれば少し余裕がでてまいります。

幼児たちが関心を持つツボをおさえて、飽きさせないように、それでいて何かしら記憶に残るように工夫しながら・・・。

Dsc025381 幼児たちは反応が純粋でストレートだから気持ちがいい。

かっこつけて斜に構えているようなひねくれ者は間違いなくゼロ。

本物の鰹を目にして一斉に驚き、鰹を切る珍しい包丁を観てまた驚き。

臭いものは「臭~い!」。

おいしいものは「おいしい~!」。

嬉しい時は大騒ぎ。

思い通りにいかないときにも大騒ぎ。

でもみんなちゃんと先生の言うことをちゃんと聞いて偉かったよ。

Dsc025441 削りたてのかつおぶしは相変わらず大人気でした。

偶然にも本日のお昼のNHK「ふるさと一番」は焼津からかつお節の中継でした。

いつもお世話になっている先輩や、青年会の後輩が全国に焼津の鰹節を発信していました。僕もそこに行けば江口ともみさんに会えたんだけど・・・。

でも子供たちの天真爛漫な笑顔に会えて、それだけで満足です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »