« 辛うじてPB更新~静岡マラソン2017 | トップページ | 第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソン »

2017/10/30

台風接近の中おこなわれた第9回しまだ大井川まらそんinリバティ

台風直撃の可能性が高く、当日まで開催が危ぶまれたこのレース。

同日開催予定だった横浜マラソンは前日に中止が発表された。しかし、島田は決行。

スタート前からシューズはびしょ濡れ。途中時折襲ってくる豪雨。コース上には川に流れ込む雨水があふれ、深いところでは20cm以上の水深の中を走ることも・・・。

とはいえ、風はなく雨によって体はクールダウンされマイナス要因ばかりというわけではなかった。

足底筋膜の故障により、完全に出遅れたシーズンの初戦。棄権も考えた時期もあったが何とか間に合ったことに感謝しながらの出場。

どのくらいのペースが適当なのかもよめない中、スタート直後から4:20~4:30のペースを維持。折り返しを過ぎてからペースを気にせず、35kmまでは力を温存する感覚を重視。

しかし、ペースがどんどん落ちてきて歯止めがかからない。走り込みが不足していることが大きいと思うが、体がなかなかいうことを聞かない。27km過ぎにはついにキロ5分よりもペースが落ちてしまった。雨は容赦なく降り続く中、無理せず途中棄権しようと決意。33km地点の大エイドステーションまでゆっくりジョグで帰ることとする。

多くの後続ランナーに先を越されながらも、何とか大エイドステーションまで到着。せっかくなので、これまでゆっくり楽しむことがなかった大エイドステーションに寄ってから棄権しようと、まずはチキンラーメンを食す。あつあつのスープが身に染みて心身共に温まる。次にフルーツ、そして〆のコーヒー。

ほんの2分くらいの滞在だったと思うが、ちょと休憩したらなんか残り10km走れるような気になり、川上に向かって再び走り始めた。ペースは相変わらずキロ6分前後のゆっくりペース。ただひたすら焦らずゴールすることだけを目標に走り続ける。このペースだと1kmがいつもよりとてつもなく長く感じる。とても苦しい走りだったが、第2折り返しを過ぎ残り4kmくらいから、不思議なことに自然にペースが回復し始めた。

6分ペースから5分半ペースに、更には5分ペース、そしてラスト1kmは4分半を切るペースに。なんとか3時間半を超えることなくゴールすることができた。

ペースが回復できた理由はなんだろうか。

①第2折り返しを過ぎて下り坂基調になったこと。

②ゆっくりジョグをしている間に体力が回復した。

③大エイドステーションでの補給効果が30分後くらいに出始めた。

こんなとこだろうか。

大井川の本流はそれほど増水していなかったが、本流に流れ込む支流がいまにも溢れそうなくらい水位が上がっていたし、コース上もプール状態、ゴール後の会場もプール状態。常時シャワーに打たれながらのラン。なかなか得難い経験をさせていただいた。

それにしてもこの大会運営を支えてくださった、ボランティアスタッフの皆様には本当に感謝の言葉しかない。

会場でDJをしていたケチャップさんがゴールした選手に向けてかけてくださった言葉「今日ゴールしたランナーの皆さん、この条件の中で諦めずにゴールしたことだけで勝者です!」は心に響いた。

そして預けた荷物を受け取りに言ったら、自分の荷物を持ってきてくれたのが、偶然にもボランティア参加していた高校時代の同級生だったことも感動的だった。

数多くのドラマを生んだ大会だった。

記録 3時間28分00秒

  総合順位 541位

  年代別順位 224位

|

« 辛うじてPB更新~静岡マラソン2017 | トップページ | 第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28781/66112534

この記事へのトラックバック一覧です: 台風接近の中おこなわれた第9回しまだ大井川まらそんinリバティ:

« 辛うじてPB更新~静岡マラソン2017 | トップページ | 第20回ジュビロ磐田メモリアルマラソン »