2021/02/03

牧之原市立細江小学校に出前授業

昨年に引き続き、細江小学校にお邪魔してきました。

この学校では、コロナの影響で家庭科室での実習授業は一年くらい行われていないようで、前の日に大掃除をしたそうです。

ご準備いただいた先生方ありがとうございました。

残念ながら手削り体験はできませんでしたが、機械での削り実演、カンナでの削り実演、カツオの生切り実演、ダシの飲み比べと、今回も五感をフルに使う授業を行ってきました。

昆布だし、かつおだしの味・香りの違い、昆布とかつおの合わせだしになるとどのように変化するか、比べてみるとよくわかります。Img_1624Img_1623Img_1622

| | コメント (0)

2020/12/08

藤枝市立藤枝中央小学校に出前授業

一昨年に引き続き、今年もお呼びいただきました。

コロナ感染防止から、従来行っていた手削り体験はできませんでしたが、その分、ダシの飲み比べにじっくりと時間をかけました。

子供たちの反応はとても素直です。

本物のダシの味、しっかりと覚えておいてほしいです。

旨みの方程式 1+1=? 忘れないでね。

| | コメント (0)

2020/01/27

焼津市立大富小学校へ出前授業に行ってきました

Img_0663 Img_0663  

焼津市立大富小学校2年生の家庭科「ダシについて」の授業を行ってきました。

鰹節の削り実演と鰹節の使われ方説明、生切の実演と鰹節の作り方説明、ダシの味の違い・旨みの相乗効果の体験と盛りだくさんの50分。

中学生を相手にするのは初めてでしたが、鰹節製造には時間と手間がかかることも深く理解してくれ、「うまみ」というものの説明も小学生よりストレートに受け止めてくれました。適当にくだけていて反応も良く、楽しく授業ができました。

今日は3クラス分3コマの授業を行い、明日、残りの3コマを行います。

明日も楽しみです。

 

| | コメント (0)

2019/11/22

いい節の日!!

11月24日は”いい節の日”です。

世間では”和食の日”と言われていますが、我々業界ではいい節の日です。

毎年この日に合わせ、焼津鰹節組合と静岡県削節協会焼津支部では、市内小学校の全員に削り節パックを配ります。

また、市内の小学校1校に出向き食育授業を実施します。

Img_0450

今年は、大井川西小学校の3年生2クラス、3時間目と4時間目を使って授業をしてきました。

鰹節の作り方や鰹節の削り方を学んだ後、実際に削り体験をしてもらいました。

Img_0455

私の担当は、カツオの生切実演。よくイベントで行われる鮪の解体ショーのカツオ版です。

こちらの子供たちは、カツオのへそのことも知っていたし、カツオの体にある縞模様の秘密も知っていました。

そして、生きている間は、寝ている時もずっと泳ぎ続けていることも・・・。

「残念ないきもの事典」でみた!って子もいました。カツオも残念な生き物だったのか。

この日の授業の前に、カツオや鰹節についてたくさん調べてくれていたようで、嬉しいですね。

きっと鰹節についての理解がより深まったものと思います。

終了後に、スタッフみんなで贅沢な昼食。

Img_0456

とてもおいしくいただきました。

| | コメント (0)

2019/11/12

焼津市立焼津東小学校3年生が工場見学に来てくれました

Img_0422

昨年に引き続き焼津東小学校3年生の工場見学1日目。25名。

9:10到着 

鰹節の種類について

美味しい鰹節になるカツオの条件について

鰹節の作り方

工場の見学

鰹節削り器での削り体験

11:20出発

人数が25名だったので、班分けをせず全員で工場内を見学、その後、鰹節削り体験!!

ちょっと狭い思いをさせてしまったかもしれないけど、それぞれに時間がたっぷり使えていいかもしれません。

天気も良くて気持ちよくできました。

ご来場ありがとうございました。

| | コメント (0)

2019/10/25

牧之原市立相良小学校で授業をしました

Img_0279_20191025162601

5年生3クラス合計90人の元気な子供達に会いに行ってきました。

一クラス1時間ずつの授業時間を使って、鰹節の作り方や、だしの取り方や旨みの相乗効果の体験、鰹節削りの体験をしてもらいました。

今日のプログラム

1.機械けずりの実演

 ~小型の電動削り器を持込み、実際に本枯節が削られる様子を見てもらいました。

 

2.鰹節の作り方のお勉強

  ~今回は時間の関係でカツオの生切実演はできなかったので、解体君を使用して、切り方を説明。その後パネルをみせながら説明。鰹節になるまでにはたくさんの手間と時間と愛情が注がれていることを理解してもらいました。

3.だしの飲み比べ

  ~カツオだけのダシ、昆布だけのダシを飲み比べてもらった後、昆布とカツオの合わせだしにした時の旨みの変化を体験してもらいました。更には、合わせだしに醤油をほんのちょっと入れてあげたら子供たちは皆感動してました。味の変化のカラクリも説明しましたが難しかったかな。何よりも実際に変化を感じて心が動いてくれただけで十分満足です。

4.カンナ削り器で鰹節削りを体験

  ~今の子供たちはほとんど鰹節削りをしたことがありません。でもやり方を教わり、やり始めると夢中になって没頭します。そして、削りたての鰹節の香りと味に感動してくれます。

Img_0277

仲間とこの出前食育授業活動を始めて、もう6年くらいになるでしょうか。

これまで、焼津市内外問わず、小学校や幼稚園、障害者施設、等々色々なところからお声がけをいただき授業をさせていただきました。

子供達も、先生方もみな喜んでくれるので、本当に楽しくやれせてもらっています。

今回のような出前授業でも、弊社の工場見学でも、”実際に五感で感じてもらうこと”を大切にしています。

頭で考えるよりも感じることのほうがで鰹節への理解を深まると思うからです。

そして何よりも大事なことは、自分たちが楽しむこと!!

 

| | コメント (0)

2013/06/29

大池小学校の皆さんからお手紙が届きました

先日、工場見学に来てくれた伊東市立大池小学校4年生の皆さんか

ら、お礼の手紙が届きました。
とてもきれいな字を書く子、独創的な字を書く子などそれぞれ個性

が感じられます。どのお手紙も一生懸命に気持ちを表現しようとし

ているのが伝わってきて、読んでいると嬉しくなります。

 

工場の中に入った時に感じた臭い、乾燥途中の鰹節を食べた時の感

動、鰹節を削り器で削って食べた体験が特に印象深かったようで、

そのことに触れている子供が多くいました。やはり五感で感じるこ

とが大切なのですね。
中には「(つくり方の)説明がとても分かりやすかったです。」っ

て書いてくれている優しい子が一人いて、説明を担当した私は元気

をもらいました。

 

Img_19401


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/18

静岡市立清水入江小学校の家庭科授業を担当!!

Image2

焼津鰹節組合青年会の事業として、静岡市立清水入江小学校5年生の家庭科授業を行ってきました。

 

きっかけは、この学校の栄養教諭植田先生が書いた静岡新聞の記事でした。

 

この学校の給食では、ダシを取った鰹節をお湯から出さずにそのまま食材として利用しています。

 

鰹節を大切に使っていただいていることへの感謝の気持ちを込めて、5年生4クラスの家庭科授業を受け持つ機会をいただきました。

 

1時間目から4時間目までを使って4クラスの授業を執り行いました。

 

 

 

 

 

<授業のタイムスケジュール>

 

授業開始~ 5分 先生の挨拶、自己紹介

 

~10分 機械削りの実演、手削りの体験

 

~29分 鰹生切り実演(鰹の解体ショー)、鰹節の作り方講義

 

~39分 ダシの試飲(①しょう油のみ、②ダシとしょう油の飲み比べ)

 

~44分 感想の発表や質問の時間

 

~45分 まとめ

 

焼津鰹節組合青年会はこのような授業の要請があれば喜んで駆けつけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/29

3日間にわたる工場見学

毎年恒例となりました、地元の小学校「焼津市立東〇津小学校」3年生の鰹節製造工場見学。

 

 

これまでは3年生が2クラスだけだったので、一日でいっぺんに2クラスの工場見学を受け入れておりましたが、今年は一クラス増えて3クラス。一日ではとてもさばききれないと考え、一クラスづつ3日間に分けて受け入れることにしました。

 

 

11月26日 3年1組

 

11月27日 3年3組

 

11月29日 3年2組

 

 

一日のカリキュラム

 

1.鰹節についての講義 15分

 

2.鰹のおろし方実演   15分

 

3.2班に分かれて①班は工場見学ツアー、②班は鰹節削り体験 20分

 

4.①班は鰹節削りツアー、②班は工場見学ツアー 20分

 

5.全体で質問タイム  15分

 

 

こんな感じでしょうか。

 

 

一日目の3年1組は土砂降りの中の見学でした。学校から工場まで歩いてくる間に靴はびしょ濡れ。それでも子供たちは全く気にする気配もなく元気、元気。

 

 

これまでよりも少人数のグループで工場見学や鰹節削り体験をすることができ、こちらも子供達や先生とのコミュニケーションをはかりながら、充実した授業をご提供できたのではないかと思います。

 

 

この小学校の学区内で鰹節製造をしている工場はいつの間にかうちの工場だけになってしまいました。子供たちのためにも頑張らなければいけませんね。

 

Image

 

Image

 

 

Image

 

Image2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)